足のむくみをダイエットサプリやマッサージで改善する

足のむくみが解消できればいい訳ではない~産後は注意して選ぶ~

産後や授乳中の場合、普段よりも気を付けてダイエットサプリを選びたいものです。ここでダイエットサプリの選び方について考えていきましょう。

ダイエットサプリを選ぶポイント


産後に避けた方がいいダイエットサプリはありますか?
「下剤」が入っているダイエットサプリです。お腹の中の色々なものを出してくれることため、痩せることはできますが、必要なものをとっておいて不必要なものだけを排出するということはできません。そのため、必要な栄養分までも外に出してしまいます。下痢が入ったダイエットサプリは赤ちゃんに必要な栄養分も流してしまうので、このタイプのダイエットサプリは避けましょう。
成分の他に見た方がいいのはどんなところですか?
妊娠中や産後は特に安心で安全なサプリメントを選ぶ必要があります。製品の中には妊婦さんや授乳婦さんの利用を控えるような注意書きがあるものもあるため、必ずチェックをしてから選ぶようにしてください。また、ダイエットサプリを購入する際は体質に合ったものを選ぶことも重要ですので、目的に合ったものかどうかを確認することも大切です。ダイエットサプリは栄養素が凝縮されたものですが、原料がなにかわからないものは授乳中や産後には不向きです。化学合成でつくられた栄養素よりも自然由来でつくられたものが安全に摂取できるでしょう。

安全性を求めるなら、食べものに含まれる成分で足のむくみを解消すればいいと思う人もいるかもしれません。ではどうしてダイエットサプリが便利なのか、ここではその利用を説明していきます。

ダイエットサプリが人気の理由

産後の足のむくみに効果的な成分としてカリウムがありますが、食事から摂る場合は当然カリウムを多く含む食材をたくさん食べ続けなければなりません。カリウムを多く含む食材はアスパラガスやブロッコリー、ほうれん草などの緑黄色野菜やサツマイモやジャガイモなどのイモ類やバナナやリンゴなどがありますが、カリウムは熱に弱いため、調理後は30%ものカリウムが失われてしまうのです。そのため、生でも食べられるリンゴやバナナでの摂取が必要となりますが、これらの食材を継続して摂るのが難しい人は多いでしょう。その場合にカリウムを含んだダイエットサプリを活用することで、無理なく取り入れられるようになります。サプリメントなら持ち運びもしやすく、場所を選ばずに摂取できるのでいいでしょう。

飲み方を意識してダイエットサプリを上手に活用する

自分に合ったダイエットサプリを選んだ後は、飲み方を把握することが大切です。ここでは効果的なタイミングや摂取量について紹介していきます。

ダイエットサプリの飲み方

薬とは異なる
ダイエットサプリは薬ではなく、健康食品と同じ扱いになるため、使用するタイミングは特に決まっていません。食事は「朝・昼・晩」に1日3食、必要な栄養素を摂取した方がいいといわれていますが、具体的な時間は定められていません。ダイエットサプリもこれと同じで時間帯の明記はないのです。ですが、効果的なタイミングで飲むことでより栄養素の吸収が高まります。
効果的なタイミング
足のむくみを効果的に解消するのに効果的なタイミングは寝起きや足のむくみを感じやすい夕方の前、就寝前などが挙げられます。夕方の前は胃が活発な時間帯で利尿効果への期待も大きいです。就寝前だと寝る前に必要な栄養素を摂ることができるので睡眠の質が高まってむくみにくくなります。そして最も効果的なタイミングなのが寝起きです。寝起きは栄養が不足している空腹状態になっているため、吸収率をアップさせることができ、効果を発揮しやすくなるのです。ダイエットサプリは処方箋とは違って即効性はありません。そのため、毎日しっかりと飲んでじっくりと効果を得ていくことが大切です。
1日の摂取量
ダイエットサプリを飲む際に注意しなければならないのが摂取量です。サプリメントの場合、処方箋とは異なり摂取しすぎても命に関わる危険性はありませんが、栄養素の摂り過ぎは体に悪影響を及ぼす可能性があります。1日の摂取量を守って正しく使用するようにしましょう。足のむくみの効果的なカリウムは、特に摂取量に気を付ける必要があります。カリウムを過剰摂取してしまうと高カリウム血症を招いてしまうこともあるため、必ず目安量を守るようにしてください。健康のために摂取するサプリメントだからこそ正しく活用していきましょう。

足のむくみを解消するマッサージ~ダイエットサプリの効果を高める~

ダイエットサプリを飲むだけではなく、マッサージも併せて行なうとより早く足のむくみを解消することができます。

足のむくみを解消するマッサージ方法

まず最初に膝裏をマッサージし、両手で足先から膝裏に向かってさすり上げていきます。足の付け根に向けて足の内側をもみほぐします。膝から足首にかけてはリンパ液が滞りやすい部位でもあるため、入念にマッサージを行ないましょう。痛みを感じるほど強く揉むのではなく、優しくマッサージをすることがポイントです。

マッサージで刺激すると効果的なポイント

女性

刺激をすると効果的な部位を中心にマッサージを行なうと、より足のむくみが解消されやすくなります。足の場合だと膝から指4本分下のすねの外側と、ふくらはぎの真ん中あたり、そしてくるぶしの内側から指4本分の位置にマッサージポイントがあります。いずれも押してみてずーんと響くところが目安の場所です。痛すぎない強さで押してマッサージを行なってください。

マッサージで授乳の肩こりも解消

カウンセリング

産後、授乳によって肩こりに悩まされる人は多い傾向にあります。授乳するときは横抱きの姿勢になり、下を向いている時間が増えるので自然と姿勢が悪くなってしまいます。授乳をする度に姿勢が悪くなると疲れはどんどん溜まっていくため、クッションを使っても十分に疲れをとることはできません。授乳による肩こりを解消するためにはリンパマッサージがおすすめです。自分で行なったり家族にお願いしてみたり、時間があるときはリラクゼーションサロンを利用するのもいいでしょう。

TOPボタン